失敗から成功への道

自己紹介

はじめまして、にょろと申します。
株歴1年半とまだまだ素人の兼業投資家です。

株を初めて右往左往すること1年半
最初の1年は失敗の連続でした。
と書くとこの半年は成功なのかと思われたかたもいらっしゃるかと思いますが
まだまだ成功とは程遠いものの
この4カ月はなんとか毎月の実現損益はプラスを継続
たかが4カ月かもしれませんが失敗が続いていた自分としては
成長への第一歩だと思っています。

株の勉強をしているとよく目にしたり聞いたりしていた事ですが
失敗したとき、目をつむって失敗した事を忘れてしまおうとしてしまいますが
そうではなく振り返り、どうして失敗したのか考察する事が大切だ
これは株に限らず何かをするうえで重要なことですよね。

このブログではそんな時何故失敗してしまったのか
そんな時どうすればよかったのかを考察し、まとめていきたいと思います。
もちろん玄人投資家を目指し、成功への道もつづっていければと考えております。
そんな体験談がこれから投資を始める方や
既に投資を行われている方の参考になればと思っております。

投資スタイル

現在メインとなる投資スタイルは信用取引を用いたスイングトレードです。
株価が下がる時も利益として取っていきたいので信用取引を用いています。
買いなら現物でいいもんではあるんですが、空売りに合わせて信用買いです。
よく信用取引や空売りは危険なので最初のうちはやらない方がいいと聞きますが
レバレッジをきかせまくったり危険な投資を行わなければ利益を生んでくれる
いい投資法だと思います。

レバレッジをきかせた危険な投資を行った事は?
と聞かれたら もちろん!と胸をはって言える事ではありませんが
失敗した事もあります。。。
その時の失敗談はまた後日まとめたいと思います。

楽天証券では信用取引の口座開設の審査基準である
現物取引の経験年数が半年以上と早く(2016年7月当時の審査基準)
自分はすぐに信用口座を開設しました。
信用取引を行うようになって1年です。

買いも信用取引で行っているので現物買付可能額は常にフルでした。
現物の株も代用有価証券として保証金のかわりになるなら
現物も少し取引したいなと思い始め
株主優待目的での現物買いと、
1~2年後を見据えた長期トレードも最近始めてみました。
しかし、あまり多くの手法を同時にやると右往左往してしまうため
サブ投資的な感じで投資額はわずかではありますが。

険しく長い道のりではあると思いますが
玄人投資家を目指して精進していきたいと思います。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*